webデザイナーの働き方

Webデザイナーってどんな仕事?仕事内容と将来性、収入について解説!

「手に職をつけて、自信をつけたいけど、何をすればいいのかわからない…」という方には、Webデザイナーの仕事をおすすめします。

Web市場は年々拡大しており、Webデザイナーの需要も高まっています。業界を問わずにニーズがあるため、「一生使えるスキルを身につけたい」と考えている方にはぴったりの職業です。

何かと話題に上がる職業のWebデザイナーですが、実際にはどのような仕事をしているのでしょうか。

この記事では、Webデザイナーの仕事内容や将来性など、5つのポイントに沿って解説します。

Webデザイナーの仕事内容とは?

WebデザイナーはWebサイトのレイアウトやデザインを考え、制作する専門職と言えるでしょう。

Webサイトの設計・デザインから、HTML/CSSコーディング、JavaScriptの実装、コンテンツの編集や管理、SEO対策などを担当することが主な業務内容となります。

また、クライアントとのコミュニケーションや案件の進行管理、チームとの協力なども欠かせませんし、常に新しいテクノロジーやデザインのトレンドを追いかけ、自己研鑽を行うことが求められます。

総じてWebデザイナーは、デザインセンスやテクニカルスキル、コミュニケーション能力、トレンドを把握する能力など、多岐にわたるスキルを必要とする職種です。
それらを総合的に活かし、クライアントの要望に応え、ユーザビリティやアクセシビリティ、SEO対策に配慮した、優れたWebサイトを制作することが求められます。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

【仕事内容①】Webサイトの設計

Webサイトの構成とレイアウトは、Webデザイナーが担当する重要な仕事の一つと言えます。ここを誤ると後々の作業に悪影響が出てしまう為、慎重に行う必要があります。

具体的にはWebサイトの全体構成を考え、ユーザーがアクセスした際にわかりやすく情報を伝えるためのレイアウト設計を行います。また、Webサイトのナビゲーションや各ページの関係性を決定していきます。

【仕事内容②】Webサイトの設計

製作するWebサイトの設計が完了したら、いよいよWebサイトのデザインを作っていきます。具体的には、色使いやフォント、画像、アイコン、ボタンなどのデザインを行います。Webサイトのテーマやコンセプトに合わせ、ユーザーにとって魅力的で使いやすいデザインを考えることが求められます。

製作の際には、PhotoshopやIllustrator、XDといったデザインツールを使ってデザインを作成していきます。

【仕事内容③】Webサイトのコーディングを行う

デザインを作成し、クライアントからOKを貰えたら、HTML、CSS、JavaScript、PHPなどの言語を使ってWebサイトを作り上げます。Webサイトの見た目と機能性を両立させるため、熟練したコーディング技術が必要です。

【仕事内容④】その他の仕事内容

上記以外にも、Webデザイナーは様々な仕事に携わります。

例えば、Webサイトの更新・修正や、SEO対策、レスポンシブ対応、ユーザーテストなどの作業も行います。また、Webデザイナーは、関係者とのコミュニケーションや、納期や予算管理などのプロジェクトマネジメントのスキルも必要とされます。

Webデザイナーは未経験でもなれる?資格は必要?

未経験者でもWebデザイナーになれます。
前述の通りWebデザイナーの需要が高まっており、未経験からでもチャレンジしやすい環境が整っているからです。

まずは、Webデザイナーに必要なスキルを身につけましょう。Webデザインの基礎知識や、Adobe Photoshop・Illustrator等のデザインツールの使い方、HTML・CSS・JavaScript等のコーディング・プログラミング言語などを学ぶことで、必要なスキルを身につけることができます。

Webデザイナーに必要なスキルを身につけるためには、さまざまな方法があります。
Webデザイナーを目指す人向けの専門学校やスクール、オンラインコースなどがあります。また、独学で学ぶこともできます。Webデザインに関する書籍やウェブサイトを読み込んだり、デザインに関する情報を集めたりすることで、スキルを磨くことができます。

あわせて読みたい
【現役のWebデザイナーが最高評価!】デジタルハリウッド STUDIO by LIGは本当にスゴイこんにちは!めさめさです。 Webデザインスクールで良いところを探しているけど、正直どこが良いか分からないという方、いらっしゃいま...

また、実践経験も非常に重要です。自分でWebサイトを作ってみたり、身近な人や知人からWebデザインの仕事を請け負ってみたりすることで、実践的なスキルを身につけることができます。

さらに、Webデザイナーには、コミュニケーション能力や問題解決能力も求められます。これらのスキルは、実際に仕事をしていく中で身につけることができます。Webデザイナーとしての経験を積んでいくことで、スキルを向上させ、より高度なデザインやコーディングを行うことができます。

未経験からでもWebデザイナーになることは可能であり、今後も需要が高まっていくことが予測されるため、Webデザインを学ぶことは大きな可能性を秘めた選択肢の一つと言えます。

あわせて読みたい
【実際どうなの?】未経験のWebデザイナーは就職できない?先日「Webデザイン」という単語でググったら、「Webデザイナー 就職 難しい」という検索候補が上がってきました。 検索候補っていうの...

Webデザイナーの年収や給与は?

年収や給与は、経験やスキル・勤務地や企業規模などによって異なりますが、一般的には比較的高めの水準にあります。

まず、Webデザイナーの平均年収について見てみましょう。

国内の大手求人サイトによると、未経験から3年程度の経験があるWebデザイナーの年収は、300万円前後からスタートすることが多く、5年以上の経験がある場合は500万円を超えることもあります。さらに上級のポジションになると、800万円以上の高年収を得ることも可能です。

ただし、業界内でのポジションや、所属する企業の規模によっても差が出ます。Web制作会社やデザイン事務所に勤務する場合、年収はそれぞれで異なりますが、平均的には400万円前後とされています。一方、大手企業や広告代理店に勤務する場合、年収は500万円以上となることが多いようです。また、フリーランスのWebデザイナーの場合、案件によって収入が異なりますが、成功報酬型の契約を結ぶことで、収入を増やすこともできます。

なお、Webデザイナーの年収には、スキルや知識のアップデートが大きく影響します。最新のデザイン技術やWeb制作の知識を持っているWebデザイナーは、市場価値が高く、高い年収を得ることができます。また、グラフィックデザインやUI/UXデザインなどの専門的なスキルを持っている場合も、年収アップの可能性があります。

Webデザイナーになるのは避けた方が良いと言われたけど?

Webデザイナーは需要が高く、やりがいや魅力があることをお伝えしてきましたが、Web検索などでは「Webデザイナー やめとけ」などの悲観的なキーワードも目にします。このように言われているのはなぜなのでしょうか。

技術やトレンドの変化が激しい

Webデザインは常に進化し続ける分野であり、新しい技術やトレンドが現れるたびに習得する必要があります。そのため、勉強と継続的な学習を欠いてしまうような方には向いていないのかもしれません。

クライアントとのコミュニケーションが難しい

Webデザイナーは、クライアントと密にコミュニケーションをとることが求められますが、クライアントの要望やニーズを的確に理解し、実現することが難しい場合があります。また、クライアントとの意見が合わない場合にはストレスを感じることもあります。

Webデザイナーの将来性

もちろん、Webデザイナーの将来性については、非常に高いと言えます。
これは、今後ますます多くの企業がオンラインプレゼンスを強化し、ウェブサイトやアプリケーションを使用してビジネスを行うことが予想されるためです。

オンラインプレゼンス

インターネット上で自分や自分の企業、ブランド、商品、サービスなどをどのように表現し、認知してもらうかというオンライン上の存在感のことを指します。

具体的には、ウェブサイトやSNS、ブログ、オンライン広告、メールマーケティング、オンラインイベントなどを通じて、自分や企業・ブランド・商品・サービスなどの情報を発信し、オンライン上で認知度や信頼感を高めることが目的とされています。

また、スマートフォンやタブレットの普及により、モバイルデバイス用のWebデザインに対する需要も高まっています。

さらに、近年のテクノロジーの進歩により、より洗練されたデザインと機能が求められています。これにより、Webデザイナーが専門的なスキルや専門知識を持つことがますます重要になっています。

また、ウェブ上のコンテンツが多様化する中で、WebデザイナーはAIやツールを使っただけでは作れないような、インタラクティブなコンテンツやマルチメディア要素を含めた複雑なデザインを開発することが期待されています。これにより、Webデザイナーの需要は今後も高まると予想されています。

さらに、Webデザイナーには、フリーランスとして働くこともできるというメリットもあります。独立して働くことで、自分自身のクリエイティブなビジョンに沿ったプロジェクトを受け入れることができます。

以上のように、Webデザイナーに対する需要は高く、将来性も非常に良いと言えます。Webデザインを学ぶことで、これからの時代に求められるスキルを身につけることができるため、今後ますます多くの人々がこの分野に進むことが予想されます。

あわせて読みたい
webデザイナーってどんな仕事?初学者が知るべき本当の仕事内容webデザイナーになりたい・転職したいと考えている、そこのあなた。 オンラインスクールやYouTubeのHowto動画・書籍など色...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Webデザイナーの仕事は新しい知識や技術を習得し、自分のスキルに活かすことに興味がある人に向いていると思います。
これからもますます活躍が期待される職業ですので、もし興味があるなら、Webデザインにチャレンジしてみましょう!

Webデザイナーを目指すあなたへ

Webデザイナーを目指すあなたにおすすめしたいのが「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」。

初見でこのスクールの存在を聞いた時はビックリして腰が抜けそうになりました、、、笑

以下の記事では「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」が何故おすすめできるのか現役Webデザイナーである筆者の視点も交えつつ、熱く語っておりますので是非チェックしてみてくださいね!

あわせて読みたい
【現役のWebデザイナーが最高評価!】デジタルハリウッド STUDIO by LIGは本当にスゴイこんにちは!めさめさです。 Webデザインスクールで良いところを探しているけど、正直どこが良いか分からないという方、いらっしゃいま...

実践的なWebデザインが学べる! デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」の詳細を見る

ABOUT ME
めさめさ
・元看護師 / ・看護師を退職後、発達障害「ADHD」と診断 / ・webデザイナーとして就職するも、1年後に会社が倒産 / ・別の制作会社で正社員として働く傍、副業でもインハウスデザイナーとして複数企業と契約 / ・1年で年収700万円に到達 /
こんな記事もおすすめ
webデザイナーの働き方

【発達障害の方必見!】未経験でもインハウスのWebデザイナーをオススメする5つの理由

2021年5月15日
ウェブデザイナービギンズ
こんにちは。めさめさです。 発達障害があり、未経験でWebデザイナーを目指されている方、突然ですがインハウスWebデザイナーという働き …
webデザイナーの働き方

結婚・出産後のWebデザイナーでも働ける?子育てしながら在宅勤務は可能?

2023年4月13日
ウェブデザイナービギンズ
近年女性の中には、結婚や出産後も働きたいと願う方が増えてきています。中でも、「在宅勤務」「在宅ワーク」という自宅での仕事に興味を持つ方が多い …
webデザイナーの働き方

【新人Webデザイナーが直面する壁】制作現場で戦力になるための重要なポイントとは?

2023年4月13日
ウェブデザイナービギンズ
これからWeb制作会社に入社し、新人Webデザイナーとしてのキャリアを始められる方、目指されている方にとって不安なことと言えば、「いざ制作現 …